日本女子の台湾奮闘記

大学卒業したての日本女子が身一つで台湾南部の高雄に移住!「海外移住」「国際恋愛」「台湾留学」などなど、私の台湾サバイバルライフを赤裸々に語っていきます(+o+)

MENU

台湾大学院に自力で申請する方法①~志望校決定編~

台湾大学院に自力で申請する方法①~志望校決定編~

f:id:mzk_tw:20180814221159j:plain

みなさんこんにちは!

今日はずっと書こうと思っていたけど書き始めたら複雑なのが分かっていたので後伸ばしにしてきた、台湾大学院への申請手順について書いていきたいと思います。

そもそも私がこのブログを始めたきっかけというのは実は「少しでも台湾留学を考えている人のお役に立ちたい」という思いからなんです。
というのも、台湾大学院進学にあたって情報を集めている際に思ったのが、本当に情報が少ないということ。

確かにそもそも留学者の母数が少ないんでしょうし、情報が少ないのも頷けるんですが、それにしても情報がほぼない状態での手探り状態で、何度諦めようと思ったことか…。

大学院受験ってだけでストレスなのに、申請に関する情報が集まらないなんてストレスフル過ぎるので、少しでも誰かのお役に立てれば!と思い、今日は書いていきます!

 

私の進学先

まず初めに私の進学先についてお話していきます。
2018年9月から、高雄にある中山大学のIBMBAに進学予定です。
学部としては所謂MBAなので、経営学について勉強していくことになります。

そして、面白いことに授業はすべて英語です。

実際に、MBA課程は日本の多くの大学でも英語で実施している場合が多いので、珍しい事ではないのですが、
台湾に留学して英語で授業というと少し驚かれます(笑)

ちなみにこの中山大学のIBMBAでは、週に何度か無料で中国語の授業を受けさせてもらうことが出来るので、中国語がまだまだの私は2年間じっくり時間をかけて中国語の勉強もしていきたいと考えています。

この台湾の大学院に英語で留学するというお話についてはいつか記事を書きたいと思います。

 

志望校決め

では、本題です!どのように志望校を決めたかについてお話していきます。

志望校決めは正直言って選ぶというより削っていって残ったものに出願するといった形でした。

では、実際どのような条件で絞っていったのかお話します。

 

  1. 地域

    自分がどこの都市で大学に進学したいのか決めます。

    台北に住みたいのか、高雄に住みたいのかを選ぶところから始めた方がいいと思います。

    自分が2年間生活をするところですから、台湾ならどこでもいい!ではなく、自分でしっかり調べて決めてください。

    私の場合はまずここで、台湾南部の台南高雄に留学すると決めました。その理由はじぇふさんの事もありましたが、単純に台湾南部が好きだったからです!(笑)
    ちなみに、結果的に私が台湾に移住するきっかけとなったじぇふさんとのお話は過去記事にしてあるので是非見てみて下さい!

  2. 学部選定

    地域で割り出した大学の中に、自分の進学したい学部があるか、または進学できる学部があるかを調べます。

  3. 語学力

    次に、中国語であれ、英語であれ、自分がその大学を受ける資格が備わっているのかをきちんとチェックしてください。

    大学によっては、英語と中国語両方が求められるところもあります。実際に台湾大学は私の行きたかったMBAは授業が全て英語にも関わらず、中国語も求められるため、私にはそもそも受ける資格がありませんでした( ;∀;)

    受ける資格もない大学の準備に時間を取られないように、しっかり下調べをしておくのが大事です。

  4. レベル

    最後に学部のレベルで志望大学を絞っていきます。大事なのが、大学のレベルではなく、学部のレベルで志望校を決める事です。日本の大学でも一緒ですが、専門性の高い大学院ではなおさら、大学のランキングと学部のランキングが必ずしもイコールではありません。

    実際、大学のランキングとしては、中山大学は成功大学には及びませんが、私の進学するMBA課程では、中山大学のほうが成功大学よりもレベルが高いです。

    これを勘違いしていると、書類準備の際に優先準備を間違えてしまったり、合否が出た際に無駄に落ち込むことになると思うので、しっかり調べておいて損はないと思います。
    大学や学部のレベルに関しては、英語で調べるといくらでも出てくると思います('ω')

出願校数

結論から言うと私が出願したのは2校4学部です。
(台湾の大学院は2学部併願できるところが多いです。)

でも、正直言うと少し後悔したので、3校くらいが妥当かな、と思います。

ただ、言いたいのが多ければいいって事ではないです。

大学院申請にあたっては、とにかく量より質で勝負した方がいいと思います。

研究計画書等、コピペで済ませるのでは無く、その大学、その学部に合ったものを用意することが大切です。なので、数打てば当たると思わず、一つ一つ丁寧に準備していってください。

まとめ

日本の大学ですら志望校を決めるのが大変なのに、海外の大学院なんてなおさら志望校絞りが大変です( ゚Д゚)

今日は、台湾への大学進学を考えている方に向けて志望校選びが少しでも楽になるように、と思って書いてみました。

次回は手続き書類編について書きたい~

 

最後にお願いです( ;∀;)!

少しでも多くの人にブログを読んでもらいたくて昨日からブログランキングサイトに登録しました。

このページの一番下か右側プロフィール下のボタンを押して頂くだけでポイントになるみたいなので、応援クリックして頂けると嬉しいです( ;∀;)♡♡

すでに心が折れそうな私を少しでも応援してもらえると嬉しいです。