日本女子の台湾奮闘記

大学卒業したての日本女子が身一つで台湾南部の高雄に移住!「海外移住」「国際恋愛」「台湾留学」などなど、私の台湾サバイバルライフを赤裸々に語っていきます(+o+)

MENU

台湾の大学院に自力で申請する方法②~申請書類準備編~

台湾の大学院に自力で申請する方法②~申請書類準備編~f:id:mzk_tw:20180814221159j:plain

みなさんこんにちは!

今日は、前回の志望校決定編に続いて、実際に大学院を受験するにあたって必要な申請書類の準備について書いていきたいと思います。

まだ、志望校決定編を読んでない方は是非そちらから先に読んでみて下さい!

 

大学院受験にあたっての必要書類一覧

早速、私が大学院受験にあたって必要だった書類を列挙していきたいと思います。
これはあくまで、私が受験した中山大学のIBMBAプログラムで必要だった書類です。
実際に準備される際には受験する大学が何の書類を求めているのか各自で調べて頂く必要がありますが、どこの大学も提出書類は似通っているので参考になればと思います。

  1. 成績証明書(英文or中文)
  2. 卒業証明書(英文or中文)
  3. 語学力証明書類
  4. 推薦状 2部
  5. 銀行残高証明書(英文or中文) 
  6. パスポートコピー
  7. 履歴書
  8. 研究計画書
  1. 成績証明書(英文or中文)

    成績証明書は英文か中文で用意してください。

    大学に頼めばほとんどの大学が英文で用意をしてくれると思います。

    私の場合は即日英文で出してもらうことが出来ました。

    ※成績証明書は必ずR.O.Cにて文書證明を受けてください。

  2. 卒業証明書(英文or中文)

    こちらも基本的には成績証明書と同じです。

    ただし、私のように、まだ大学在学中であり卒業証明書を受け取っていない場合には、大学から発行してもらえる卒業見込証明書でも代用できます。

    ※こちらも必ずR.O.Cにて文書證明を受けてください。

  3. 語学力証明書類

    中山大学のIBMBAプログラムではTOEFLのスコア提示が求められました。

    しかし、私はここ何年もTOEFLを受けていなかったので、問い合わせてみたところ、TOEICでも申請可とのことでしたので、TOEICで申請しました。

    また中山大学ではTOEICの具体的な必要な点数などは提示されていませんでしたが、大学によっては受験資格としてTOEIC何点以上などの基準があったと思います。

    ただ、台南の成功大学でTOEIC750点以上程度だったと思うので、基本的には英語のスコアはそんなに求められていないイメージです。

  4. 推薦状 2部

    推薦状については、大学によっては大学提示のフォーマットなどがある場合もありますが、中山大学には何のフォーマットもなかったので、A4一枚程度で、私との関係や推薦理由について書いて頂きました。

    推薦者は大学時代にお世話になったゼミの教授と、台湾でお世話になった偉いおじさん(笑)に書いてもらいました。

  5. 銀行残高証明書(英文or中文) 
    USD$4,000以上、もしくはNTD$120,000以上の銀行残高があることを証明しなくてはなりません。これは、口座のある銀行でお願いすると営業日3日程度で英文のものを用意してもらえると思います。また、学費を両親に払ってもらうなどの理由で銀行口座が自分の名義ではない場合、財力保証証明書を両親に書いてもらう必要があります。これは申請大学でフォーマットがあると思うのでそれを直筆で穴埋めしてもらう形になると思います。(参考までに成功大学のだとこのような財力保証証明書を書いてもらう必要があります)
    ※こちらも必ずR.O.Cにて文書證明を受けてください。
  6. パスポートコピー
  7. 履歴書
    これについてはまた別記事で説明しますが、自分の略歴や自己PRなどを書いたA4一枚程度のレジュメの提出が求められます。
  8. 研究計画書
    これが一番ウェイトが大きい部分だと思います。これも別記事でまとめますが、学部にもよると思いますが、A4一枚程度で、自分が大学院入学後何を研究したいのかについてまとめます。大学や学部によっては分量などを提示していないところもありますが、基本的には英文でA4一枚分ほどのことらしいです。私は結局どうしてもまとめることが出来ず1.5ページくらいで提出しましたが、特に問題なさそうでした('ω')

ROCで文書證明が必要な書類

ROCで文書證明が必要な書類は、

  • 卒業証明書

  • 成績証明書

  • 銀行残高証明書

以上の3点です。文書證明は台北駐日経済文化代表処  にてしてもらう事が出来ますが、文書證明に営業日中1日(翌日希望の場合は手数料1.5倍)かかるので、早めに書類を集めて證明してもらうのがお勧めです。

 

まとめ

今日は私が大学院受験をした際に必要だった書類についてまとめてみました。

これを見てもまだまだ疑問な点や不安な点も多いと思います!

たとえば、英語力はどれくらいひつようなのか、とか研究計画書やレジュメの内容など、私の出来る限りで台湾大学院進学を考えている方のお手伝いをしたいと思っているので、インスタグラムかツイッターからDM等、お気軽に頂けたら、と思います!