日本女子の台湾奮闘記

大学卒業したての日本女子が身一つで台湾南部の高雄に移住!「海外移住」「国際恋愛」「台湾留学」などなど、私の台湾サバイバルライフを赤裸々に語っていきます(+o+)

MENU

入籍いたしました!~日本と台湾の国際結婚手続き編②~

入籍いたしました!~日本と台湾の国際結婚手続き編②~

f:id:mzk_tw:20181202162115j:plain

こんにちは!
少し間が空いてしまいましたが引き続き日本と台湾の国際結婚の手続きについて書いていきます!

前半をまだ見られてない方は前半の~日本と台湾の国際結婚手続き編①~から先にみてください。

 

exploretaiwan.hatenablog.com

 
※私たちは台湾で入籍後、日本で入籍します。日本での入籍を先行に考えられている場合には手順が全く異なりこの記事は参考にならないのでご了承ください。

 

 

 

台湾入籍後、日本での入籍までの流れ


台湾での入籍は少し複雑でしたが、日本での入籍は非常にシンプルで簡単です。

必要書類を揃えて役所に提出するだけで完了です。ただし、この提出必要書類や書類の記載内容が地域によって結構違うみたいなので、必ずご自身が入籍される役所に必要書類と書類の記載内容をご確認ください。

 

基本的に、日本での入籍は台湾での入籍後3か月以内に済ます必要があります。

提出方法は、窓口に直接提出に行くか、代理の方に提出を頼むことも可能です。(※代理人申請が可能かどうかは必ず役所に確認してください)

私たちの場合は3か月以内に日本に帰るのがどうしても難しそうだったので、日本にいる私の母にEMSで送ってそれを代理で役所に提出してもらいました。


必要書類一覧

・婚姻届
・結婚証明書もしくは入籍済の台湾の戸籍謄本
・上記の日本語訳文


婚姻届

日本人と結婚する際と同じものを使います。
ネットで可愛くて無料のもいっぱいあるのでお気に入りのをプリントアウトしてみてください♥

ただ、記入する事項に普通とはいくつか違う点があるのでまとめておきます。

①夫になる人の「住所」「戸籍」
→原則「中国」とだけ記載します。細かい住所などは必要ないので、「中国」と一言だけの記載が必要になります。

個人的にここが日台夫婦が最初にぶつかる壁な気がしました。旦那さんに自国籍を中国と書かせるのはすごく申し訳なかったですし、何より私自身が「中国人」と結婚したと日本の戸籍上に記載されること、日台国際結婚の難しさを改めて突き付けられた気がして、少し悲しい気持ちになりました(´;ω;`)

②届出人
→こちらは、日本人の方の署名捺印のみ必要とのことでした。台湾人の方は未記入で大丈夫です。

③証人
→こちらも台湾で証人署名を既にしているため未記入のままの提出で大丈夫です。

上記の3点以外は通常通り記入して大丈夫でした!


結婚証明書もしくは入籍済の台湾の戸籍謄本

こちらに関してはどちらか一方を入手しておけば大丈夫です。どちらも入籍後戸政事務所で即日入手することが出来ます。
ちなみに、後に日本語翻訳が必要になる関係から、個人的に結婚証明書の方が訳すのが楽でおすすめです(笑)

 

上記の日本語訳文

私は結婚証明書の翻訳文を提出しました。
翻訳の際の注意点としては、

中華民国年月日を必ず西暦に直すこと
②戸政事務所の印鑑の内容まで翻訳すること
③翻訳者の署名捺印と住所を最後に記載すること

以上です。
難しそうに感じるかもしれませんが、中国語赤ちゃんレベルの私でも漢字から推測しながら出来た程度の翻訳文なので業者に頼まずご自身でチャレンジしてみてください☆

ちなみに、私が作成した翻訳文を下に貼っておきます。
一応これで受理してもらえたので、参考にしてみてください(^^)/

f:id:mzk_tw:20181223233455p:plain

 

以上が日本で入籍の際に必要な書類です!

本当にこの手順については役所によって細かい規定が違ったりするみたいなので、必ず提出先の役所に連絡してから必要書類を揃えてくださいね('ω')ノ

国際結婚は入籍一つでも普通の入籍に比べてとても時間がかかるのでなかなか落ちつけないと思いますが、少しでも未来の日台夫婦様のお役に立てたら光栄です☆