日本女子の台湾奮闘記

大学卒業したての日本女子が身一つで台湾南部の高雄に移住!「海外移住」「国際恋愛」「台湾留学」などなど、私の台湾サバイバルライフを赤裸々に語っていきます(+o+)

MENU

自己紹介~日本女子身一つで台湾移住を決意?!~

自己紹介~日本女子の台湾奮闘記~

f:id:mzk_tw:20180724173427j:plain

こんにちは!ようこそ私のページへ!

台湾の南部にある高雄市に住む日本人女子のみずきと申します。

今日は私の経歴・台湾移住への経緯・台湾で何してんの?などなど、皆さんの疑問について(聞かれてないけど)答えていきます('◇')ゞ

 目次

 

私の履歴書

「そもそもどこのどなた?」ってことで私の経歴を下記にサクッと紹介しておきます。

 

平成6年生まれの24歳。

東京育ちで大学卒業まで留学期間1年間を除いて親元を離れて暮らしたことのない生粋の箱入り娘でした。

過保護な親に大事に育てられ、‘‘親の監視下から逃れて自由に暮らしたい!自分一人で生きていけると証明したい!‘‘、そんな思いを胸に21歳の時に大学の交換留学制度を利用して半ば強引に、1年間アメリカへと渡りました。

 

その留学先のアメリカで出会ったのが、今現在お付き合いしている台湾人彼氏のじぇふさんです。

そして留学終了、 日本帰国後、遠距離恋愛1年半という期間を経て、2017年12月から、台湾に移住しました。

※ちなみに大学は2018年3月に無事卒業しました(*'ω'*)

 

つまり、日本では就職しませんでした

とは言え、一生就職する気がないかと言われるとそんな気はさらさらありません。『台湾で自立して独り立ち出来るようになりたい』『台湾にいるからこそ出来ることがしたい』遠回りかもしれませんが、今はそれらの目標を叶えるための準備期間です。

そんな私の台湾での奮闘記、温かい目で見守って頂けると幸いです。

 

台湾で何してるの?

「え?結局台湾で何してるの?」と思われた方いらっしゃいますよね?

端的に言うと引き続き学生してます。

 

国語学習歴

実は、大学1年生の時に第二外国語として中国語を週2回1年間勉強した経験があります。

ですが、4年も前の話です、恥ずかしながら留学開始当初中国語能力は皆無した。

 語学学校

台南にある国立成功大学の語学学校半年間(2学期)通いました。

クラスは一番下のA班から始め半年間でB班まで終了しました。中国語で「ニーハオ」「シェシェ」しか言えなかった私がお店で簡単な注文くらいなら出来るようになったのはここの語学学校の素敵な先生方と愉快な友達のお陰です。

 

大学院進学

そんな私が台南から現在住む高雄に引っ越して来た理由、それが大学院への進学です。2018年9月より高雄にある国立中山大学のIBMBAプログラムに進学します。

大学院進学の理由やプログラムの紹介は、また次回させてください。

 

まとめ

以上、私の経歴と、台湾で何をしているのかの簡単な紹介をさせて頂きました。

再度、大きな声で伝えておきたいです、『台湾という異国の地で自立できるようになりたいんです』『日本のため、台湾のために自分が出来ることについて考えたいんです』

こんなまだまだひよっこの私ですが、コツコツと台湾奮闘記続けていけたらと思っていますので、見守って頂けるととってもとっても嬉しいです。